セーブ·ザ·チルドレン

クロエは喜んで彼女の新しい赤ちゃんの誕生を予想していた. 彼女は9長いヶ月間彼女の中に彼女の赤ん坊を運ん. 彼らは1だった, 母と子. それが難しい妊娠していた, クロエは、最適な条件に住んでいなかったように. 彼女の家は小さく、混雑した、彼女は周りに移動する余地がありませんでした. クロエは最高の出生前ケアへのアクセスを持っていなかったし、彼女の食事は、栄養価の高いから遠かった, 彼女のために、彼女の胎児の両方に. 彼女のストレスレベルは高かった, クロエがレイプされたという事実によってさらに悪化作ら, 彼女の現在の妊娠をもたらし. まだ, クロエは彼女の赤ちゃんを愛し、熱心にその到着を待た. 誕生は難しかったが、クロエは、美しい男の子を出産した. 彼女は一目で彼に恋をした, 彼女の母性本能が自動的に蹴る. クロエは彼女の小さな男の子を大好きだ, 彼を保護, 彼を育て、彼は大きくて強い成長を支援.

しかし、クロエも、彼女の息子を養うために得た前, 彼は消えていた. 誘拐さ. クロエは彼女の赤ちゃんのために必死に検索が、どこでも彼を見つけることができませんでした. 彼女は一生懸命泣いて大声, それはマイルのために聞くことができた. クロエは叫んだと彼女の息子のために呼び出されたすべての日とすべてを一晩中、彼はどこにも見つからなかった. 彼女は何でも食べるか飲むことを拒否した; 彼女が考えることができるすべては彼女の息子だった. 彼はどこだった? 彼は安全だった? 彼は赤ん坊だった. 彼は母親を必要としてい. あきらめることを拒否, クロエは彼女の息子を探し続けた, 彼女が最後に彼を見ていた場所に何度も何度も見て. 彼女はすすり泣きやベローズ, 彼女の甘い少年の顔を覚える, 彼の幼い体の匂い, 彼の肌の感触.

検索の多くの日と夜の後に, 呼び出して泣いて, クロエは、深い絶望に落ちた. 彼女は撤回し、他の人と交流しませんでした. 彼女はまだ食べたり飲むことを拒否した. 彼女は一人で悲しみ、誰も彼女を助けないだろう. 誰も気にしない.

クロエは彼女の生まれたばかりの息子が誘拐されていたし、彼が振り向くことができなかったので、小さなケージで開催されていたことを知らなかった. 首で縛ら, 彼女の赤ちゃんにも快適に下に置くことができませんでした. 彼自身の母親のミルクを味わうことはありません, 彼は何の栄養素を含んでいなかっただけに薄い液体を与え、彼はすぐに鉄欠乏になった. 彼は叫んだと彼の母親のために呼ばれたが、彼女は来なかった. 数ヶ月の時間内に, クロエの赤ちゃんが殺害されました. 彼女は彼に何が起こったかを発見したことがない, 再び彼を見なかったし、彼女自身の痛みを伴う死がすぐ後に続いたこと. クロエのみとしていた 4 彼女自身歳.

この悲しい話は終わりに何が起こるかである 9 百頭の牛は、毎年. 彼らは繰り返し強制含浸されており、自分の赤ちゃんは、彼らから盗まれています, 自分たちの権利が子供に母親であることが、彼らからのストリッピング. 牛は強く悲しむ. 研究では、子牛の除去が牛に起こることができる最悪のことであることが示されている. 彼の本の中で, 火星の人類学者: 七逆説テイルズ, neuropsychiatrist オリバーサックス tells the story of his visit to a dairy farm with Colorado State University Professor of Animal Science, テンプル·グランディン. これらの悲嘆の母親と赤ちゃんの叫びを聞いて, テンプルグランディンは言った, 「それは1悲しいです, 不幸な牛. 彼女は赤ちゃんを望んでいる. それのためにBellowing, それのために狩り. 彼女はしばらく忘れる, し、再度起動し. それは悲嘆のようなものだ, 喪 - あまりそれについて書かれていない. 人々は彼らに考えや感情を可能にするために好きではない。 "

動物では、母と子の関係について書かれている一人です ジェフリーMoussaieffマッソン. 彼の本で「月へサンウ豚: 家畜の感情世界」と「お皿の面: 食べ物についての真実,「マッソンは、母親と赤ちゃん、それが壊れている場合に発生する荒廃の間に強い結合を探る. 美しく書かれた, 律法にシェークスピアの一節で, マッソンの本は、私のお気に入りの一つです. 彼は、ヒトでの否認のプロセスを研究している少数の著者の1人です. それはどのように人間は、これらの動物の際に与えた拷問が表示されないということです, これらの母親と赤ちゃん? どのように人々は子牛肉を食べない, それを知ることは赤ん坊の子牛です? または子豚? 乳児授乳. どのように接続が確立されていません? それとも作られ、その後抑制される?

動物では、母と子の結合について書いて他の著者がある エイミーハトコフ. ハトコフは、子どもと家族の提唱者である, 子育て教育者, 著者と映画監督. In her new book, 家畜の "内面の世界: その驚くべき社会, 感情的で、知的容量,「ハトコフ “我々は考え方を再検討し、家畜を治療するための私たちのすべてに挑戦. 感動のストーリーと美しい写真と最新の研究を組み合わせる, 本は、思いやりと尊敬と、これらの生き物を治療するための嘆願を行う。” これは私が今まで読んだ中で最も美しい本の一つである.
Most people in a society are against child abuse. 進化論は、人間が彼らの保護とその生存を確実にするために、赤ちゃんに添付するハードワイヤードされていることを述べています. 確かに, 彼らは赤ちゃんの写真を見ると、ほとんどの人が「AWW」を笑顔と言うだろう, ヒトおよび非ヒトの両方. 誰もが鶏で夢中にされているが、ほとんどの人は、少し黄色の赤ちゃんの雛が可愛いと思う. 子豚, 子犬, 子猫, 小さな赤ちゃんの鳥 - 我々は、彼らが愛らしいだと思う. 私たちは、私たちの子供たち、それらのように見えるぬいぐるみを買う, 我々はそれらの写真を見てするのが大好き, そして、我々は拷問, 殺人とそれらを食べる? 我々は、その母親から赤ちゃんを引き裂く, それらの両方を屠殺して、子育てを愛するを装って私たち自身の子供たちにそれらを養う? 何かはこれで間違っている.

食品に使用される動物は、自然の寿命に自分たちの生活を生きて得ることはありません. 牛肉のために使用される牛はまで生きることができ 25 年それが到達する前に屠殺される 2 歳. 彼らが費やしていないと、もはや牛乳の有益な量を生成することができ、その後に殺されるまでの乳牛は、「ライブ」への取得 4 歳. 子牛の肉のためにマークされた自分の赤ちゃんは、せいぜい数ヶ月を生きるために取得. 豚は自然の寿命を持っている 10-15 年が、は、ハムになっている, ベーコンとソーセージによる 6 月齢. ブロイラー鶏は生きることができます 2-5 年が、はで殺される 6 彼らの肉週間. 産卵鶏の平均寿命を持っている 10-12 年が、ときに費やされていると、もはや卵の収益性の数を生成することはできません, それらは虐殺に送信されます. ほとんどがさえ2年間住むことを得ることはありません. 自分の赤ちゃんには、悲劇的な運命に苦しむ. 雄の雛は、卵業界に役に立たないと殺される, 多くの場合、彼らが生まれているまさにその日に, ゴミ袋に捨てるか、まだ生きている間ウッドチッパーに投げ込まれることによって.

Child abuse is a horrible occurrence that needs to be prevented. I have dedicated most of my adult life to being an advocate against child abuse. Treating victims and teaching prevention, parenting and child psychology classes, I try every day to reduce suffering in the world. Perhaps it is a passion of mine because of my own childhood abuse. I cannot stand the thought of any child suffering. Children and animals are often compared – they are both innocent, vulnerable and at the mercy of adults. They both deserve protection. They both deserve the chance to live safe, happy lives. They both deserve life.

In the words of Sri Aurobindo, "Life is life – whether in a cat, or dog or man. There is no difference there between a cat or a man. The idea of difference is a human conception for man’s own advantage.” Let us save the children, ALL the children.

(訪問 90 回, 1 今日の訪問)

, , , , , , ,

4 への対応 セーブ·ザ·チルドレン

  1. レイ 10月 26, 2009 に 3:58 上の #

    This is a powerful truth you have share and this is why I have started a vegan journey for good. I cannot justify doing this to any living being anymore. Thank you and other vegans for helping me see the light and the truth about these things.

  2. Vikingirl 10月 24, 2009 に 1:26 上の #

    That was powerful. ありがとう.

  3. Susan V 10月 20, 2009 に 1:13 午後 #

    Well said. Wish more people would make the connection. If they wouldn’t eat veal, why do they think it’s okay to eat dairy products?

  4. トム 10月 16, 2009 に 5:36 上の #

    Excruciating. The truth is so horrible, and so obvious, if one only looks.


が提供するカウンターをヒット オレンジ郡のプロパティマネジメント