謝罪とラブレター: 4 年間ビーガン

46
人々は私が投稿する食品やレシピの写真についてコメントするたびに, 私はいつも冗談, 「私はシェフじゃない. 私は空腹だ。」といくつかの真実があります. 私が行ったとき、私は非常に調理し、決して, その多くは、風味の粉末で満たされた箱や封筒から来ました. トムと私は残酷フリーの旅を始めたとき, 私たちは、ビーガン製品の販売で食事をすることなくビーガンレストランなし巨大スーパーマーケットがなかった. 私が調理する方法を学ぶ必要があったと我々は食べるのが好きだったので、, 私は多くのことを調理することを学んだ! 私はまた、veganizing食品の挑戦を楽しんで、思いやりと意識して私たちのお気に入りの料理の上に作る.
しかし、私のレシピに別のレベルがあります, 私の常に存在する飢餓よりもはるかに深い実行されます1. また、そのものです, でもほぼ半分十年後に, 私は最近だけに同調になってきた. 以上にわたって 40 年私は動物や動物製品を食べた, すべての動物愛好家自分自身を呼び出している間. 私は繰り返し、私は菜食主義者であることを希望すると述べている (私も「ビーガン」という言葉を知りませんでした) が、私はチキンなしでは生きことができるとは思わなかった. 私は農場に住んでいたか、動物を見るために持っていた場合、私の食べ物のために殺されていることを譲らなかった, 私はサラダに住んでいるだろう.
しかし、私は農場に住んでいなかったと私は私の食べ物のために殺された動物を見る必要はありませんでした. 私は切り離さ残ることができたと真実から切り離さ. 合理化のアーセナルとの, 私は私が不快に作ったものを避けることができたと私が愛した食品を食べ続ける. 私は動物を愛して言ったが、私はそれらを食べて、私はそれらから作られた製品を使用. 私は動物を愛し、まだ彼らは苦しみ、私のために死亡した.
確かに真実に私の露出は非常に限られていた. ブロンクスで育った, 私は犬以外の動物について何も知りませんでした, 猫, 鳥類, ラットおよびバグ. 私は他の動物を見た唯一の時間は、ブロンクス動物園にいた. 私はほとんどだったまで、私は実際の牛を見ていない 30 そして多くの人々のような, 私は、乳製品は残酷だったことを知らなかった. 私は牛が常に与えるために牛乳を持っていたと考え、それらを搾乳すると、それらをより快適に作られていること. 多くの子供のように, 私は卵が赤ちゃんの鶏であるかどうかを求めていた、彼らは未受精卵だったと言われたので、それらを食べることが大丈夫だった. 限られた露出と受け継が誤報の富の間で, 無知の私のレベルは巨大だったと私は学ぶことがあったどのくらい知らなかった.
しかし、最終的には、私は学びました. 私は真実を学んだし、私は自分の行動を変えた. 私は、多くの場合、ビーガンになっては私の最大の成果であると言う. そののフリップ側は早くビーガンになってきていないが私の最大の後悔であるということである. 私は動物なしで私の好きな​​食べ物の1を再作成するたびに, 私は動物実験または私は動物から作られていなかった服や靴を買うとき以外の製品を使用する場合、, それは戦って感情の経験である - 悲しみと興奮, 罪悪感と勝利. 私はレシピを作成するたびに, 私はちょうど食材や方向を下に書いておりません; 私は謝罪し、ラブレターを書いています.
私は食べることを愛するために使用されるものを、私は今豆腐と野菜ではなく、鶏と作ることを - 私は私の最新作を味わう, 卵や乳製品 - そしてそれはおいしいです. それは私の欲求を満たす, それは私の空腹をsatiates, それは私の味蕾を励起し、それが残酷させずに、私が愛するすべての種類を提供します. それは私を幸せにする - 私はそれをやった! 私は私の成功の上に大喜びと思うしています, 」を参照してください。, 私はこれを作るために鶏を必要としなかった。「それから私は悲しくなって、思う, 」を参照してください。, 私は。これを作るために鶏を必要としなかった」そして、私はすべての鶏に謝罪したい, すべての牛, すべての子羊, 私が今まで食べたすべての動物. 私は私のために苦しんですべての動物に謝罪したい, 誰が私のために自分の赤ちゃんを失った, 私のために死んだ. "ごめんなさい. ごめんなさい. 知りませんでした. 私が知っていることを望んでいない. 私が知っている準備ができていなかった. 今私は知っていると私はごめんなさい."
私が今まで鶏肉を開催し、初めて, ライブチキン, 聖域にあった. 私は正確に彼を保有していなかったとチキンは私の腕が開いツメガエル. 血が私の腕の外に注ぎ、聖域の労働者は私に包帯を取得するために走ったよう, 私は言った, "大丈夫です. それは私が値する投資回収の唯一の最も小さい分だ「私は聖域でいると私は動物と一人で静かなひと時を取得するたびに - 。チキン, 豚, 子羊, 牛 - "私は目でそれらを見て、私は言うごめんなさい. 私は私が今まであなたのいずれかを傷つけるごめんなさい. ごめんなさい.” The guilt and regret I feel are palpable.
しかし、我々は後方に行くことができないと我々は歴史を書き換えることができません. 私は自分の欲望のために苦しみ、死んだすべての動物の命をお返しすることはできません, 私の無知や真実の私の回避. 私にできることすべては前に進む、あらゆる生き物に将来の害を引き起こすことはないために最善を尽くしている. 私の罪にふけるのではなく, 私はよりよい他の人が、私が学んだことを学ぶのを助けるためにしようと私のエネルギーを過ごすことができます - 私たちは化粧品のために動物を必要としないこと, 私たちの服, 私たちの靴, 私たちのアクセサリーや私たちの食べ物.
そして、私は厳格な菜食主義約ビーガンレシピやエッセイを書くことができます. 私が書くすべてがすべての動物への謝罪が含まれています - 」私はあなたを利用するか、あなたの体を使用する必要はありませんことを学びました. 私はあなたが平和のうちに生存する権利を有することを学びました. 私はどのように生きているあなたからあなたを停止することなく、私の人生を生きることを学んだ. 私はそれが私にはとても時間がかかったごめんなさい."
私が書くすべてはまたラブレターである. 今の私は本当に私は動物を愛していると言うことができますし、私の言葉によって生きる. 私は目の中の動物を見ることができるとしながら、私はいつも罪悪感を感じるよ, 私はまた、私は動物が再び私のために苦しまなければならないであろうことを確認するために最善を尽くします知っている. すべての単語で、私は私が言っている書く, "私は今あなたを見る. 私はあなたが自分の人生を持って理解する, あなた自身の家族, 自分の気持ち, あなた自身の痛みと幸福のためにあなた自身の潜在的な. 私はあなたの友達です. 私はあなたの味方とあなたのディフェンダーだ. 私はあなたの声です. あなたは私を恐れる必要はありません. 私はビーガンと私はあなたを愛して. 私はビーガンだ なぜなら私はあなたを愛して."

ザ “V” 言葉: それを言う. それを食べる. それを生きる.

(訪問 249 回, 1 今日の訪問)

, , , , ,

11 への対応 謝罪とラブレター: 4 年間ビーガン

  1. 平和パッチ 3月 21, 2013 に 1:48 上の #

    4 years of veganism is 4 years of so many saved lives. わーい!
    You can’t look back, you can only do your very best in this moment and you are! You share your creativity with us and I am so grateful. I’d be surviving on chickpeas out of the can and pb&j sandwiches if it weren’t for superamazing blogs like yours! Thank you so much for all your hard work, generosity and just plain niceness! 🙂

  2. レアパーソンズ 3月 13, 2013 に 6:56 上の #

    Thank you Mark 🙂

  3. Mark M 3月 7, 2013 に 11:48 上の #

    Incredibly well articulated. I am with you 100%. Thank you for helping me realize I am not alone.

  4. Mark M 3月 7, 2013 に 11:47 上の #

    Incredibly well articulated. I am with you 100%.

  5. making cosmetics 2月 27, 2013 に 8:52 午後 #

    “Congratulations Rhea Parsons! Thank you so much for taking the time to share this exciting information.”

  6. mj 2月 27, 2013 に 3:00 午後 #

    What a wonderful tribute to being vegan and the animals! We were born into this society and had to educate ourselves. 今, when people say, “Why are you vegan?” I ask them, “do you really want to know?” もちろん, they say yes, and then it begins! The whole truth! I find many people are truly unaware about the dairy industry. The more people know, and when more people know, 良い. “When you know better, you do better” said Maya Angelou. So true! Thank you for your wonderful blog and recipes!

  7. ベガ先輩 2月 27, 2013 に 1:30 上の #

    Well said Rhea. Congratulations on your anniversary.

    You hit the point perfectly by writing: “…becoming vegan is my greatest accomplishment. The flip side of that is that not becoming vegan sooner is my greatest regret.”

    I’m in perfect accord with you. It is the duality of consciousness or something…we can see our way more clearly to choose future behavior but we also see more clearly our past mistakes. Maybe that’s the existential antidote for any predilection toward hubris. 🙂

    再び, おめでとうございます….and thank you.

  8. diyprincess925 2月 26, 2013 に 4:58 午後 #

    This is my first time reading your blog and it is very inspiring. Your words spoke to me…you are an amazing writer and I am looking forward to continuing to read your blog in the future. ありがとう! 🙂

    また,I noticed that you grew up in the Bronx, like I did. 🙂

  9. レベッカシュトゥッキ 2月 25, 2013 に 2:36 上の #

    素敵, レア. あなたveganniversaryおめでとうございます. And may I say – your recipes rock!

  10. 風の強い 2月 25, 2013 に 2:18 上の #

    レア,

    This is beautifully said. One of the things I see in all of your posts is compassion for animals.

    Thank you for your presence on the web, your delicious recipes, and gentle spirit. あなたは私を鼓舞.

    風の強い

  11. コリンズからカレン 2月 24, 2013 に 1:50 午後 #

    Oh my dearest Sis…you were sure enough right, I really needed that tissue. <3 <3 <3


が提供するカウンターをヒット オレンジ郡のプロパティマネジメント